当日は雨にもかかわらず、一般の方、鴻巣市・桶川市・北本市・さいたま市の文学関係の方
盲導犬と一緒に、来館された方、地球同人の方 等、来館されました
講演は演者の方の個性が良く出て、お忙しい中、事前の準備にたいへんな時間を費やされて、
の講演会でした
冷静な切り口での秋谷豊詩論、知らないことも多くお聞きすることが出来ました
詩を書く人とは異なる感性での講演は今後の「地球の史」に新たな1ページを開くステップに
なることと思います      ・・・感想・・聞いてよかった・・
講演会の後には 小林登茂子様の展示作品の解説も行われました
皆様、多くの質問をしていらっしゃいました、ありがとうございました
講演前後には詩集・切手・図録等の販売も行われました
フレーム切手・青春の山稜などもお求めいただきました
傳馬義澄様
森川晃治様
さいたま文学館第一回記念講演 2011.05.07 が開催されました
森川晃治様−さいたまの近代文学 著者
傳馬義澄様−國學院大學大学院客員教授