「夕映えのとき」 朗読・・秋谷豊